« 昭和のニオイ | トップページ | オープンハウス »

白昼の読書

昨日張り切りすぎた疲れもあり、今日は一日中本を読んでいました。

『白昼の死角』。これはだいぶ前にブームになって映画化もされたらしいのですが、私はその頃はまだお子ちゃまだったので、読んでませんでした。

頭のいい犯人の犯行の手口が書かれているのですが、例えば約束手形とはどういうものなのか、どうしてこんなものが出来たのか・・・。私には長い間疑問だったのですが、ふぅ~ん。そういうことなんだぁ・・・。とやっと意味が分かりました。

それに追い詰められたときや欲に目がくらんだときの人間の心理など。

これはかなり勉強になります。

真っ青な空が天窓から見えていいキモチ。渋い日本茶をすすりながら、読書の秋してました。

|

« 昭和のニオイ | トップページ | オープンハウス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和のニオイ | トップページ | オープンハウス »