« 坂の上の雲 | トップページ | 犬の気持ち »

流れ星と少年

   中断したまま、もう終わりにしようかと思いましたが、最後にひとつだけ。

宮古島でのお話。

民宿に長期で滞在している少年がいました。

老けていましたが、まだ17歳。

高校を中退し、アルバイトをしていたのだけど、母親に勧められてここに来たとのこと。

クルマも運転できないし、宮古には若い人もいないし(と少年は言ってました)

毎日何もすることがなく、民宿のおばちゃんにおにぎりを持たされて2時間歩いて来いと昼間は追い出されて、案外素直に2時間毎日歩いていたそう。

帰る日も迫ったある夜、おばちゃんに流れ星を見にいこうと誘われて。

以下、2人の会話。

おばちゃん「おばちゃんがなんでここに連れてきたかわかるか?」

少年「わからん」

おばちゃん「高校に戻れ。それが流れ星を見せる交換条件。」

少年「・・・はい」

その夜、2人は7つの流れ星を見つけたそうです。

頑張れ少年。

まだまだ時間はいっぱいあるしshine215

243  232

|

« 坂の上の雲 | トップページ | 犬の気持ち »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坂の上の雲 | トップページ | 犬の気持ち »