« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ダンシャリアン

ワールドカップ、日本は残念だったけど、日本中が熱~く一つになった

思い出に残る試合でしたね。

にわかファンの私も手に汗握って応援してました。

そんなわけで、寝不足で始まった休日でしたが、今日は初めて、高山ごみ処分場に行ってきましたよ~。

完全に今話題の本『断捨離』の影響ですdog

収納グッズを買うのではなく・・・捨てる!!

もったいないじゃなくて使うのか、使わないのか

それは使っていて気持ちいいものなのか!!

などなど、問いかけながら、捨てていくわけです。

・・・で、今まで絶対使わないのになんとなく置いてあったものなんかをざっくざっくと

捨てていったのです。そしたら車のリアにいっぱい。

今日はそれをごみ処分場まで運んだのです。

そしたらそこで働いている方たちを見て、もっとちゃんと分別しなきゃな~って

反省しましたし、いい勉強になりました。

捨てることには痛みを伴う。

だから捨てられない人も多いんじゃないでしょうか。

私だって、モノに悪いなって思います。モノの気持ちになってみたりして・・・。

「ごめんね。今までありがとう」って心の中でつぶやいて捨てましたよ。

でもその痛みと向き合ってこそ、少しずつモノとのつきあいも上手になれるはず。

今、家の中はスッキリしてきてとっても気持ちいいんです♪

この断捨離にはまっている人たちをダンシャリアンというそうです♪

| | コメント (0)

アロマセラピスト学科結果発表♪

ワールドカップ観戦中です♪

日本、頑張れ~。

昨日、AEAJのアロマセラピスト学科試験の結果発表がありました。

バジルの生徒さん二人とも1発合格passcherryblossom

頑張りましたね~。

おめでとうございますhappy02

| | コメント (0)

マタニティアロマテラピー講習

日曜日は中標津町立病院の産婦人科のドクター、助産師、看護師さんへ

「マタニティアロマテラピー」の講義と実技講習を致しました。

ドクターの前田先生は患者さんにとって良いことなら積極的に取り入れていきたいという考えのとっても素敵な先生です。

今回はまず、簡単なアロマの基礎のお話と、足浴と足と手のトリートメントの実技をお伝えしました。

手のトリートメントは時間が足りなくなってデモストレーションしかできませんでしたが・・・。

19名もの方が集まって、みなさん実技はとっても楽しそうでした。

そうなんです。

アロマは口で説明するより体験してもらうのが一番なんです。

まずはスタッフの皆さんにアロマの楽しさ、気持ちよさを味わってもらい、それを妊産婦さんのケアにつなげることができたら・・・。

アロマが幸せなお産のお手伝いになったら良いなと思います。

講習が終わってから、前田先生と助産師さんとの懇親会も楽しいひと時でした。

中標津って美味しいお店、多いですね♪

| | コメント (0)

あつっ

今日は釧路も30度を超える暑さ。

6月の道内の猛暑日は30年ぶりだそうですよ。

少しマッサージしただけでも玉のような汗が。

痩せたい人は是非、セラピストになることをオススメしますnote

そして今晩は月食。

我が家のベランダから幻想的な月が見えます。

月と太陽。

陰と陽。

| | コメント (0)

産科領域のアロマ

今日の釧路は快晴!

ピーカン晴れです♪

こんな日は遊びに行きたい・・・気持ちを抑えて仕事、仕事。

27日に中標津町立病院で産婦人科の看護師さん、助産師さんへアロマの講習会を行います。

それに備えて、もう一度、産婦人科でのアロマについて勉強。

すでにアロマを導入している市立病院の産婦人科の看護師さんにも聞き込みをいれ、しっかりリサーチしました♪

釧路の助産院、マタニティアイでもアロマを取り入れていますし、産科領域でアロマが広がっていくのが楽しみです。

がんばるぞ~。

| | コメント (2)

心のストローク

「ひとさぽ」というセラピストが集まるサイトがあります。

先日の記事によると「ストローク」とは心理学では「心の栄養」という意味。

社会で問題を起こす人には、社会から取り残された「孤独感」の強い人が多く、それは「心の栄養が満たされていない。」という事が大きいと言われているそうです。

そして、この「心の栄養を満たす方法」は日々の生活の中でのちょっとしたこと。

例えば、毎日全ての人に自分から元気良く明るくあいさつをすること。
それによって、「自分の事を見てくれている!」、「存在を認めてくれている!」と人は感じるのだそうです。

さらに、ストロークは度数というものがあり、
「おはようございます!」と言葉を掛けるとストロークの度数は1度数。

目を見て「おはようございます!」と言葉を掛けると2度数。

さらに「笑顔」で3度数、「握手」で4度数。

ストロークの度数が増えれば増えるほど「心の栄養」は満たされていくそうです。

ストロークという言葉がトリートメントの世界では手技を意味し、心理学の世界では「心の栄養」を意味するのも興味深いなと思いました。

明るい社会は笑顔であいさつ♪

小学生の頃、「道徳」の時間で言われていた当たり前のことが今欠けているのかもしれないですね。

| | コメント (0)

ツイッター?

最近「ツイッター」って流行ってますね。

私のお友達も何人か始めました。

でも意味がよくわからなかったんですけど、今日「ツイッター」について色々書かれている雑誌をパラパラと読みました。

・・・・によると、「ツイッター」というのは小鳥のさえずりの意味だそうです。

ブログが1対数人なのに対し、ツイッターは数人対数人だそうで、色々な人が参加できるらしいです!!

・・・・もう世の中の流れについていくのに、大変ですdash

いつか私も「ツイッターやってますnote 」なんていう日が来るのだろうか・・・。

| | コメント (0)

NEWホームページ

帰ってからもバタバタしてブログさぼってしまいました。

反省。

さて、少々時間がかかりましたが、ようやくスクール専用の新しいHPが出来ました。

今までより詳しく見やすくなったかしら??

ご感想お待ちしています↓

http://anzu946.com/sweetbasil/school/

| | コメント (0)

ビアパーティー

お久しぶりです♪

1週間東京へ行ってました。

いろいろ収穫がありましたが、今日は天気がいいので、

帰っていきなりのビアパーティーとなりました。

これから始ります。

東京のことはまた明日報告します♪

| | コメント (0)

ミルクラム

昨晩はまたミルクラムを食べました。

ミルクラム・・・1年に一度だけ、生後3か月のいたいげな子羊ちゃんの命をいただくのです。

流通する量も時期も限られている大変貴重なものだそうです。

私も今まで知らなかったのですが、別々の友人に誘われて、先日は「スタックス」さんで、昨日は「ガストーラ」さんで・・・と2回もいただいてしまいました。

お味は・・・淡白で鶏肉に近い様な感じでした。肉質が柔らかく、かすかにミルクのにおいがしました。

先日のスタックスでのミルクラム食事会では飼育されている羊男さんもいらしていて、「名前をつけたりするんですか?」って聞いたら、「かわいい子にはつけます」とのことでした。

最後にぼそっと、「この子にも名前つけたんですよね…」と一言。

でも、大切に育てた子がみんなに美味しく食べてもらえるのは幸せだそうです。

いつも以上に・・・残しては子羊ちゃんに申し訳ないという気持ちが湧き、完食。

私も食べたかった・・・と思ったあなた。

来年の今時期(5~6月)、流通するみたいですよ。

茶路めん羊牧場のHP↓

http://charomen.com/sheep/sheep_top.html

北海道は本当に食材に恵まれている!!

| | コメント (0)

上海のお茶

201006051320000 先日、上海留学中の松山さんが送ってくれたウーロン茶。

お花のように茶葉が広がり、その中になんだかわからないのですが、赤い実のようなものが入っています。

上品なすがすがしい味でした。

時の流れが早すぎて、振り返る暇のない毎日。

まっつの顔を思い出しながら、ほっと癒されたひと時でした♪。

| | コメント (2)

休日

昨日はスクールでお仕事したので、

今日は休みだなぁ~と思って、空を見上げたら、真っ青sun

ラッキーnote

7月の湿原マラソンに出るため美原の遊歩道をまずは歩く。

そして、ウェアを買いに行く。まずは形からね。

ずっとやらなきゃやらなきゃ・・・と思っていたブーツを片付け、

雑草をザクザクと抜き取り、花を植え・・・。

天気がいいと、見違えるように活動的になるタイプですup

| | コメント (0)

貧乏な人と

昨日のお話の続きです。

マッサージをしているうちに話は変わって、ご主人と結婚した時のことを話してくださいました。

「私は貧乏な人と結婚しようと決めてたから、今の主人と結婚したの。

何もかも揃っている人と結婚したって何にも面白くないでしょう。私は一から築いていきたかったの。」

その人は本当に一から築いて今は旅館を経営なさっているんです。

もう何十年もの常連さんが、今でも「母さん」と慕って来てくださるんですって。

私もこの人みたいに歳をとりたいって思える方ですnote

| | コメント (0)

牛の涙

もう10年近く、鍼に通ってくださっている70代の女性。

最近はアロマを気にいってくださり、私がトリートメントします。

若い頃、酪農をされていたそうで、

「仕事は大変だったのでは?」

と聞くと、

「とんでもない。楽しくって仕方無かったのよ。

動物の方がよっぽど気持ちが通じるからね」

「病気になって手を尽くしてもどうしょうもなくなった牛をトラックに乗せるときは

牛が大きな涙を流すの。そういう時はとっても辛かったね。」と教えてくれました。

今、口蹄疫でたくさんの牛たちが殺されていますね。

この話を聞いて、ますます辛くなりました。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »