« インストラクターコーススタート | トップページ | 老化を抑える遺伝子 »

チームで動くには

今日は土曜日の割に暇だったので早上がりさせてもらい、釧路労災病院で行われた『道東地区エイズ拠点病院連絡協議会・研修会』という講演会に参加しました!!

臨床心理士の高田千恵子先生による『HIV・エイズ患者に対する心理的サポートを考える』

で座長はイルファー釧路メンバーの金森美香さん。

HIV告知を受けた人やエイズ患者にどのように周りがサポートしていくかという内容でした。

HIVに対してはチーム医療と言う形で、主治医、医師、看護師、栄養士、臨床心理士、薬剤師、検査技師など専門家が協働していくそうです。

その際には横の連携がとても大切なのだとか。

スタッフ間のコミニュケーションは同時性・伝達性・定期性・脱階層性などの構造化されたコミニュケーションとともに、日ごろのコミニュケーションが大切なんだそうです。

チーム医療とは違うのかもしれませんが。

我が杏園堂・バジルも人が増えるにつれて情報の共有が上手く行かないことが増えてきました。

同じことを何度も聞いてしまったり。。。

知っておくべき情報が伝わっていなかったり。。。

忙しいとスタッフ間の会話もなかったりするんです。

もっと伝達の仕方を工夫しなければいけないな。

|

« インストラクターコーススタート | トップページ | 老化を抑える遺伝子 »

アロマセラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インストラクターコーススタート | トップページ | 老化を抑える遺伝子 »