« チームで動くには | トップページ | スロータスフェイシャル勉強会 »

老化を抑える遺伝子

今日テレビを見ていたら、私達の体の中には老化を抑える遺伝子があるとのことでした。

その遺伝子がオンになれば老化の原因である活性酸素や免疫細胞の暴走を抑えることが出来るとのことです。

その遺伝子はサーチェイン遺伝子と言って、もともとは私たち人類の長い歴史の中での飢餓対策の遺伝子だったそうです。

そしてなんとそのサーチェイン遺伝子はなんと3~7週間でオンにすることができるそうなんです。

その方法は・・・・カロリー制限。

実験の中では30%摂取カロリーをカットするとサーチェイン遺伝子が働くようになっていました。

ただし・・・・ずっと続けなければすぐに働くなってしまうそうです。

食養の世界では昔からずっと、飽食があらゆる病気の元になると言われていました。

人間は飢餓の歴史の方が長いので飢餓に対する体の備えはある程度あるが、こんなに飽食をするようになったのは本当につい最近までなかったことなので、飽食に対する備えがないというのがその理由でした。

考えてみれば生活習慣病のほとんどは食べ過ぎなのです。

ダイエットすると、アンチエイジングにもなるのですね♪

やっぱり食べ過ぎは要注意です。

|

« チームで動くには | トップページ | スロータスフェイシャル勉強会 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チームで動くには | トップページ | スロータスフェイシャル勉強会 »