« 摩周ブルー | トップページ | APPLE »

わさび

真面目なのに少し笑ってしまう科学研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」を、わさびのにおいで火災を知らせる臭気発生装置を開発した日本人チームが受賞しました。

今までの火災報知機は音で火災を知らせていましたが、聴覚障害のある人にはわからなかったのです。

そこで研究チームは様々なにおいで、臨床実験を重ねたそうですが、嗅神経は睡眠時にはにおいを感じなくなってしまうという欠点があるそうです。

ところがわさびにはニオイ物質が三叉神経に刺激を与え、痛みを感じるため、寝ている時でも火災報知機としての機能を果たせるそうなんです!!

すごい!!

ニオイについては、研究者が少なく、科学的な解明が遅れている分野だそうです。

なぜかというと。。。

ニオイについて研究すればどうしても嫌なニオイについても研究せざるを得なくなること。

体臭やら息の匂いやら、おならの匂いとか。。。いやですよね。

でもガンのニオイを感知するわんちゃんが注目されていたり、これからは少しづつ研究が進んでいくのではないでしょうか??

そしたら、アロマテラピーでももっと香りの効果がわかるようになるかもしれないですね。

ちなみに、私はいまだわさびが苦手です。

鼻を痛くする三叉神経のせいだったんだ!!

|

« 摩周ブルー | トップページ | APPLE »

アロマセラピー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 摩周ブルー | トップページ | APPLE »