« 今年の牡蠣は美味しいんです | トップページ | 課題がみえてきた »

甘いものは幸せを運ぶ

今日は生涯学習センターまなぼっとで「エクレール・お菓子放浪記」の上映会がありました。

この映画はロケ地が宮城県石巻になっていることで話題になった映画です。

映画の初めに登場する船を漕ぐ船頭さんも津波でお亡くなりになったのだとか・・・。

これは原作になった西村滋の自伝的小説『お菓子放浪記』が映画化されたものらしいですが、人の心にお菓子のようなやさしさを与えたいということがテーマだったようです。

お菓子って、体に良いとはとても言えないものだけれど、人の心を幸せにするのは間違いないですよね。

ところで私はこの間東北で渋柿を買ってきて、今干し柿を作っているのです。

昨日ちょっと味見したらとろ~んとして、すっご~くおいしかったgood

どうして渋が甘くなるのか。

お日様の力って、スゴイ。。。

なぜか私は柿を干していること自体にすごく幸せを感じます。

お日様色の柿がベランダにつるされているのを見て、癒されている今日この頃。

Kaki

|

« 今年の牡蠣は美味しいんです | トップページ | 課題がみえてきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年の牡蠣は美味しいんです | トップページ | 課題がみえてきた »