« イソフラボン万歳! | トップページ | 乳がん予防と魚 »

ニトロアミンを抑えるのは・・・

引き続き、乳がんと食生活のお話しです。

ハムやソーセージに含まれている亜硫酸塩は、胃の中で魚や肉などに含まれるアミノ酸と反応することで発ガン物質ニトロアミンが生成されます。

私も亜硫酸塩の含まれていないハムやソーセージを探しますが、市販されているものにはほとんど含まれているのが現状です。

しかしなんと♪

やはり強い味方が。。。

それはビタミンC。

肌によいことであまりにも有名なビタミンCはニトロアミンの生成も抑えてくれるのです!!

素晴らしいじゃないですか~。

ビタミンCはじゃがいもや果物、緑黄色野菜に含まれているのはみなさんご存知ですね。

ハムやソーセージなどの加工品は手作り以外はあまり食べ過ぎない方がよいのですが、

食べる時にはじゃがいもや野菜もたっぷりとって、ニトロアミンの害を抑えてくださいね♪

|

« イソフラボン万歳! | トップページ | 乳がん予防と魚 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イソフラボン万歳! | トップページ | 乳がん予防と魚 »